8/25販売!logicool (ロジクール) の最新ゲーミングキーボード G413SE(TKL)を徹底解説!

Logicool g413 se

この記事では、2022年8月25日に販売予定のLogicool (ロジクール) G413 SE・G413 TKL SEについて知りたい方向けに、詳しい機能や仕様をご紹介します。

G413の特徴まとめ
  • ゲーミンググレードのタクタイルメカニカルスイッチ(茶軸)
  • 白いLEDライトで集中力と鮮明度の強化
  • 6キーロールオーバー、アンチゴースト機能搭載

ゲーミングキーボード徹底比較では、該当機種の詳しい情報だけでなく、他機種との比較情報をまとめることで、「他と何が違うの?」「結局何がいいの?」そのような疑問を解消します。

ぜひ、PCゲームライフを充実させるキーボード選びにお役立てください!

LogicoolのG413 SEについて詳しく見る前に、「まずはこんなことを知りたい」という方には、こちらの記事もおすすめです。

早く知りたい情報がある方は、下記の目次から好きな項目へお進みください。

目次

Logicool(ロジクール)G413 SEと人気機種の比較

Logicoolのゲーミングキーボードの中でも人気を誇る機種と仕様・機能を比較しました。

表は横にスクロールできます→

画像価格(税込)サイズ高さ
(mm)

(mm)
長さ
(mm)
重量(g)接続
方法
インターフェイス電池寿命対応デバイスキースイッチ軸の種類 アクチュエーションポイント(mm)押下圧(g)キーストローク(mm)キー数キーレイアウトキー刻印Nキーロールオーバーアンチゴーストマクロ機能ゲームモードFキー・Gキー専用メディアコントロールオンボードファイル角度調整バックライトカラー展開付属商品(説明書/保証書以外)ゲーブル長(m)メーカー保証発売日
G413 SELogicool g413 se¥12,210フルサイズ36.3435127780有線USBWindows、macメカニカルタクタイル1.9504.0108日本語配列/US配列アルファベットのみ6キー◯ G HUBで割り当てF1~F12ブラック1.82年間2022/08/25
G413 TKL SELogicool g413 se tkl¥10,890テンキーレス36.3355127650有線USBWindows、macメカニカルタクタイル1.9504.088日本語配列/US配列アルファベットのみ6キー◯ G HUBで割り当てF1~F12ブラック1.82年間2022/08/25
G913
TKL
¥30,360テンキーレス22368150810有線/ワイヤレス(無線)USB・Bluetooth30時間(輝度100%の場合)Windows、mac、Android、iOSメカニカルGLクリッキー ・タクタイル ・リニア1.5502.791日本語配列アルファベットのみNキー◯ G HUBで割り当てF1~F122個のライト ・ 3個のマクロ プロファイル◯3段階カーボンブラック・ホワイト(タクタイルのみ)LIGHTSPEED USBレシーバー 、USB延長ケーブル、Micro-USBケーブル1.82年間2020/6/25
G913タクタイル・リニア¥25,680
クリッキー ¥26,800
フルサイズ224751501,025有線/ワイヤレス(無線)USB・Bluetooth40時間(輝度100%)Windows、mac、Android、iOSメカニカルGLクリッキー ・タクタイル ・リニア1.5502.7113日本語配列アルファベットのみNキー◯ G HUBで割り当てF1~F12 ・5個の専用Gキー2個のライト ・3個のGキー マクロ プロファイル◯3段階カーボンブラックLIGHTSPEED USBレシーバー 、USB延長ケーブル、Micro-USBケーブル 1.82年間2019/8/29
G813タクタイル ¥15,800
リニア ¥15,980
クリッキー ¥16,200
フルサイズ224751501,045有線USBWindows、macメカニカルGLクリッキー ・タクタイル ・リニア1.5453.0113日本語配列アルファベットのみNキー◯ G HUBで割り当てF1~F12 ・5個の専用Gキー2個のライト ・3個のGキー マクロ プロファイル◯3段階カーボンブラック1.82年間2019/8/29
PRO X¥18,480テンキーレス34361153980有線USBWindows、macメカニカルGX クリッキー
別売り:GXリニア・タクタイル
クリッキー・タクタイル 2.0 / リニア 1.950クリッキー・タクタイル:3.7/リニア 4.091日本語配列アルファベットのみ◯ G HUBで割り当てF1~F12なし(Fキーと兼用)ライト プロファイル◯3段階ブラックスイッチ/キーキャップ プラー 、キーボードデータケーブル 1.82年間2019/11/14
PRO¥ 13,970テンキーレス34361153980有線USBWindows、macメカニカルGX クリッキー・リニア※タクタイルは、コラボモデルで販売2.0503.789日本語配列アルファベットのみ◯ G HUBで割り当てF1~F12なし(Fキーと兼用)ライト プロファイル◯3段階KDA・リーグオブレディションキーボード データ ケーブル1.82年間2021/10/29
G613¥ 16,610フルサイズ334782161,410有線/ワイヤレス(無線)USB・Bluetooth18ヶ月Windows、mac、Android、iOSメカニカルROMER-Gタクタイル1.5453.2114日本語配列アルファベットのみNキー◯ G HUBで割り当てF1~F12 ・6個の専用Gキー◯2段階ブラックLIGHTSPEED USBレシーバー、スマートフォン スタンド、USBエクステンダーケーブル、単三形乾電池x22年間2017/9/21
G512クリッキー ・リニア ¥11,100
タクタイル ¥10,600
フルサイズ35.54451321,130有線USBWindowsメカニカルGXクリッキー ・タクタイル ・リニア1.9504.0108日本語配列アルファベットのみ最大26対応キー対応◯ G HUBで割り当てF1~F12なし(Fキーと兼用)◯2段階ブラック2年間2018/5/24
G213r¥7,700フルサイズ334522181,000有線USBWindowsメンブレン
(タクタイルMech-Dom)
軸なし504.0108日本語配列アルファベットのみ最大26対応キー対応◯ G HUBで割り当てF1~F12◯2段階ブラック2年間

表の中で分からない単語がある方、何をみたら良いか分からないという方は、ぜひこちらの記事を参考にどうぞ。目的に合わせて、自分にとって必須の機能をチェックしてみてください。

¥11,100 (2022/08/22 23:10時点 | Amazon調べ)
¥9,900 (2022/08/22 23:08時点 | Amazon調べ)

Logicool(ロジクール)G413 SEの特徴

他のLogicool Gシリーズ、PROシリーズの人気機種と比較すると、G413 SEには次のような特徴があります。

G413 SEの特徴
  • ゲーミンググレードのタクタイルメカニカルスイッチ
  • 白いLEDライトで集中力と鮮明度の強化
  • 6キーロールオーバー、アンチゴースト機能搭載
Logicool g413 se
引用 Logicool G413 SE

G413 SEの特徴的なスペック①ゲーミンググレードのタクタイルメカニカルスイッチ

Logicool g413 se
引用 Logicool G413 SE

G413 SE(TKL)には、タクタイルスイッチ(茶軸)が搭載されています。

他の軸としても比較すると、競争の激しいFPSなど、とっさの判断が求められるゲームに理想的です。

ポイントフィードバックタイプアクチュエーションポイントキーストローク平均押下圧タクタイル圧
GX茶軸静かでありながら確かなフィードバック。
作動時に最小のフィードバックを返して、確実性と精度を保証します。操作音は静かで、気が散ることがありません。コンペやFPSゲーミングに理想的です。
確かなフィードバック1.9mm4.0mm50gf60gf
GX赤軸スムーズで流れるようなキーストローク。
ダブルタップ、高速キーストローク、連続の半押しなどとの相性が抜群です。MMOやアクションゲームに理想的です。
なめらかでスムーズ1.9mm4.0mm50gfなし
GX青軸クリックの失敗のない、象徴的なメカニカルスイッチ。
従来のゲーミングスイッチと同様のフィードバックを提供します。「カチッ」という馴染みのある打鍵感を好むユーザーに最適です。
耳に心地よいクリック音2.0mm4.0mm50gf60gf
引用元 Logicool 高度なメカニカル ゲーミング スイッチ

G413 SEの特徴的なスペック②白いLEDライトで集中力と鮮明度の強化

Logicool g413 se
引用 Logicool G413 SE

G413 SE(TKL)は、集中力と鮮明度の強化を目的として入念に設計された白色LEDライトが搭載されています。

白色は流行に左右されないシンプルな色であり、他の色に比べると軽い印象を与えてくれるのが特徴です。

近年1680万色以上の中から自由にカスタマイズできるキーボードが流行っていますが、本キーボードは白色しかないのでゲームそのものに没入することができます。

G413 SEの特徴的なスペック③6キーロールオーバー、アンチゴースト機能搭載

Logicool g413 se

G413 SE(TKL)は6キーまでの同時押しがされた場合、その押された順序に従って認識していく6キーロールオーバーが採用されています。

FPSなどでは、移動しながら武器の変更を行う際にキーの同時押しを頻繁に使用するので、PCゲームをするうえでロールオーバーは必要不可欠といえます。

また、入力したキー以外が反応する誤入力も防げるアンチゴーストも同時搭載されているので、最適なゲーム環境用意されていると言えるでしょう。

G413 SEの他にも見逃せないスペック!

市場で最も丈夫な素材PBTが使用されたキーキャップ

キーキャップに使用されている素材は、PBTと呼ばれるエンジニアリングプラスチックです。

PBTは優れた耐熱性と耐摩耗性を提供して、キーボードの寿命を通して最適なゲーミングパフォーマンスを実現します。

ゲームに夢中になってキーを強くタッチしてしまう癖のある人でも、安心して使うことができるでしょう。

航空機品質の優れた耐久性

・航空機品質である、5052低炭素アルミニウム合金トップケース
・ゲーミンググレードのメカニカルスイッチおよびPBTキーキャップ
が装備されており、艶消しブラックのカラーで仕上げられています。

Logicool(ロジクール)G413 SEの価格・軸・商品展開

G413 SEは、サイズ展開があります。

スクロールできます
商品名価格
(税込)
サイズカラー
G413 SE¥12,210フルサイズタクタイルブラック
G413 SE TKL¥10,890テンキーレスタクタイルブラック
¥11,100 (2022/08/22 23:10時点 | Amazon調べ)
¥9,900 (2022/08/22 23:08時点 | Amazon調べ)

US配列での販売も紹介されていますが、現在販売・予約受付が確認できていません。

Logicool(ロジクール)G413 SE よくある質問

G413 SE(フルサイズ)とテンキーレスデザインで性能に違いはありますか?

性能に違いはありませんが、キーの数に違いはあります。

フルサイズとテンキーレスのどちらを選ぶ方がいいですか?

フルサイズとテンキーレスのどちらを購入しようか迷った場合は、それぞれの特徴を確認してみてください。

スクロールできます
メリットデメリット
フルサイズ・ゲーム以外にも日常的にも使える
・キーの数が多く、好きな場所にマクロを設定できる
・一般的なキーボードと同じ形なので馴染みやすい
・サイズが大きくデスクの幅を取る
・マウス操作の邪魔になりやすい
テンキーレス・サイズが小さくてコンパクト
・マウスの可動域が確保しやすい
・フルサイズよりも値段が安い
・数字が入力しにくい
・テンキーが必要な場合買い替えが必要

Logicool(ロジクール)G413 SEのまとめ

G413 SEの魅力についてご理解いただけたでしょうか?改めて魅力を3つピックアップするとこちらです。

G413 SEの特徴
  • ゲーミンググレードのタクタイルメカニカルスイッチ
  • 白いLEDライトで集中力と鮮明度の強化
  • 6キーロールオーバー、アンチゴースト機能搭載

本記事中で仕様している製品の画像は、一部公式サイトより引用しています。
Logicool G413 SEメカニカル ゲーミング キーボード 引用元URL
Logicool G413TKLSEメカニカルゲーミングキーボード 引用元URL

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ゲーミングキーボード徹底比較の編集部。

1つ1つのキーボード情報をまとめるだけでなく、徹底比較をすることで、キーボード選びのお力になれるサイトを目指しています。

目次